積極損害とは


病院交通事故において請求できる損害には種類があります。大きく分けて3つありますが、積極的障害というのは、交通事故によって被害者に発生する問題と考えるとわかりやすいでしょう。ケガや障害というのが当てはまりますが、治療のためには、費用が掛かっていきます。治療費だけではなく、病院にいくためにタクシーを使わなければならなかったり、入院しなければいけなかったりする場合も相当すると考えられるでしょう。実際に目に見えて発生する損害であり、わかりやすい部分です。金額もはっきりしやすく、請求もわかりやすい性格を持っています。本来事故が起きなければ、こうした損害は起きなかったのですから当然の請求ともいえます。

ケガや障害を負ってしまった場合、すぐに病院にいくことが一番ですが、相手の自賠責保険も使えますし、自分の労災や健康保険も使えることが出てきます。細かい規定がありますが、過失割合が発生するような場合には、利用するほうがいいことも多いため、とにかく病院で診断を受けてどんな怪我をしてしまっているのかを判断するのが最もしなければいけないことといえるでしょう。これによって、ケガや障害と交通事故の関連性をはっきりとすることもできます。